赤ちゃんと飛行機 生後2か月でのフライト体験談(ベビーベッド予約方法)

crying baby on board with his mother_illustration created with Chat GPT 旅行

赤ちゃんは飛行機への搭乗:生後8日から可能

航空会社のルールでは

生後8日以上の赤ちゃんが飛行機に乗れます

 

勿論、赤ちゃんもパスポートが必要ですので

申請が必要です。

 

 

パスポート取得についてはこちらをご覧ください。

ただ、普通に取得すると8日ではとても取得できそうにないです。

Image created with Chat GPT4.0

詳細なパスポート取得プロセスについての記事はこちらをご覧ください

 

国際線赤ちゃんは無料なの?

 

基本的に

・国際線は2歳未満

に幼児運賃等かかります

国際線 幼児、赤ちゃんのご利用条件

お子様の年齢 JALの場合 ANAの場合 適用となる運賃
生後8日未満 不可 不可
生後8日~2歳未満 座席無

同伴者の座席利用

座席無

同伴者の座席利用

幼児運賃

(大人運賃の10%)

生後8日~2歳未満 座席確保 座席確保 小児運賃

(大人運賃の75%)

参照:ANA公式 小さなお子様連れのお客様JAL公式 お子さまの国際線ご利用についてのご案内

つまり、無料ではなく「10%」の料金がかかるということです。

とはいえ、大人のチケット買うことを考えるとよりは到底安いです。

飛行機に乗るときの赤ちゃんんのシートベルトは?

赤ちゃんのシートベルトはあります。

保護者のシートベルトにつなげて使うような感じです。

 

離陸する前にCAさんが持ってきてくださいます。

 

 

とはいえ、

すごくゆるーいかんじなので、しっかりと持ってあげることが一番大事だと思います。

 

バシネット(赤ちゃん用のベット)予約方法について

赤ちゃんと飛行機に乗る際必ずした方がいいのが「バシネット」

これはバルクヘッド席を予約する必要があります。

引用:ANA公式 ベビーベッド

出発48時間までと書いてありますが、

早めに予約することをお勧めします!

 

過去に予約ができず、

飛行機の中央あたりに

クーハンを使うことになったことがあります。

バルクヘッド席とは?

前に座席のないトイレや、ギャレーなどの裏側の席です。

引用&一部加工:ANA ボーイング767-300

 

この壁に器具がもとからついていて、リクエストが通れば用意いただけるという感じです。

 

 

バシネット(飛行機の赤ちゃんベッド)の例

 

↑キャセイパシフィック航空 バシネット例

 

ベトナム航空 バシネット例

 

この座席は、前に人がいないので

背もたれを倒されず広々つかえるというメリットはあります。

 

好んで頼まれる方もいらっしゃいますが、個人的には前の座席の下に荷物を入れられないので

好きではありません。が、ベットの欲しい子連れはそんなこといってられないのでリクエストします。

 

バシネットが予約できなかったときは床起きのクーハン

ベビーベッドが予約できないことはあります!

実際にアメリカ行きのフライトが、赤ちゃんに大盛況!フライトだったようで

用意されたのがクーハン。

 

それだけでもありがたいのですが、飛行機の中央席で赤ちゃんを足元におくと自分の足も置けず邪魔になり・・・実際に使うことはなかったです。

自分の座席の背もたれの方を使って横に寝転んでいました。

赤ちゃん 月齢別フライトの難易度(体験談)

ここからは、いろいろな月齢でのフライトを経験した筆者が個人的経験に基づき

難易度を書いていきます。

 

もちろん赤ちゃんの個人的な成長具合、体調、性格などなどによって変わってくるとおもいますのでご参考までに・・・

2ヵ月でのフライト 難易度☆☆☆☆☆(楽)

今までで一番楽なフライトでした

2months baby on board

フライト時間 約6時間

行き先:東南アジア

 

赤ちゃんも快適にゆっくりと足がのばせる。

首が座っていない状態。まだ新生児なので眠る眠る・・・

起きて泣きかける表情が見えた瞬間、授乳。そして睡眠。

食事もゆったり楽しめ、大変快適なフライトでした。

7ヵ月でのフライト 難易度★★★☆☆(普通)

まだ歩き回らないので

座席につかまり立ちをしている状態です。

フライト時間 約16時間

行き先:アメリカ

 

歩きはしないときの赤ちゃん。

つかまり立ちはしたい、いろいろ見たい状況。

とはいえ、座席内だけでおさまるので家族で旅行する場合、横並びで数席押さえてしまえばその中で動いていたので特に大変ではなかったです。

 

この時はバシネットが押さえられず、中央のシートに着席。

クーハンを床に置いて入れてくださいとのことだったが、とても狭くて無理・・・でした。

 

どうしてもつかまり立ちをして、後ろの方の顔をのぞいたりニコニコしたりするので

あらかじめご挨拶をしておきました。

「うちにも同じくらいの子供いるから大丈夫だよー!」と白人のパパが言ってくれて一安心でした。

「ばあ!」とかニコニコあやしてくれて、ありがたかったです。

1歳3ヵ月でのフライト 難易度★☆☆☆☆(近距離)

これは番外としましょう。

タイミングがよかったのでずっと寝てました。

 

フライト時間:1時間半

行き先:韓国

1歳半でのフライト 難易度★★★★★(高💦)

↑やはりかなり狭くなります。

フライト時間 10時間+5時間

行き先:ヨーロッパ(香港で乗り継ぎ)

身長:80センチ強

 

時差が大きくある移動

とにかく大変だった覚えしかないです。

10時間の部分は睡眠と重なり大丈夫だったのですが・・・

 

香港から日本がご機嫌が悪く、ずっとぐずっていました。

座るとぐずってしまっていたので、ずっと立って、CAさんが作業するギャレーの横のトイレ前に息をひそめていました。

 

あとは、機嫌がよいと歩き回りたい・・・という要望もあるので

ずっと機内で動き回っていました。

バシネット(ベビーベット)の体重制限 10キロまで!

赤ちゃんベッドは10キロまでの体重制限があるので気を付けてください。

 

とはいえ、、、そもそも、1歳半ころから

パンパンで入れなくなってきます。

寝返りが狭すぎて、打てない感じです。

まとめ:飛行機に乗るなら月齢が小さいほうが楽!?

もちろん赤ちゃんや、保護者の状況によって違いますが

個人的に経験した感想としては

まだ歩けない月齢が若い方が楽でした。

 

おまけに6か月までは母体にいたときの免疫で病気にかからないといわれています。その点も安心できます。

 

とはいえ、デメリットとしては月齢が若いと一日家でゆったりと過ごすことが赤ちゃんにとって大事かなと思いますので、旅行に行ったとしても歩き回る観光などできないし、赤ちゃんをただ運んで食事するくらいしかできないなーと思います。

ですので、家族や、知り合い等のところでゆっくり過ごす、赤ちゃんを見せにいくという目的なら小さいときの移動もありなのかなと思っています。

 

あとは、言わずもがなですが・・・小さいときに行っても全く記憶に残っていないので💦そちらについても心にとどめておいてください。

 

タイトルとURLをコピーしました